やるかやらないかを迷ったら、やるに限るの法則

習慣化

愚か者が先延ばしにすることを、賢者はただちに取りかかる。(バルタザール・グラシアン)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-19-30-17
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵
の中のこの言葉が大好きです。
バルタザール・グラシアンは、17世紀のスペインで活躍した著述家ですが 
彼の言葉を読むたびに、行動するための勇気をもらっています。
以前の私は先延ばしの天才でしたが
行動によって、面白いことが引き寄せれられると気づいてから
自分の中のルールを変えてみました。
やるか、やらないかで迷ったら、やるを選択するようになったのです。
何かをやりだせば、人生は必ず動き出し、未来を明るくできることを発見しました。

「やるか?やらないか?」で悩むのは、時間の無駄でしかありません。
やると決めて、すぐにスタートする方が結果を伴います。
失敗したら、その原因を追求して、軌道修正すればよいのです。

お喋りは他人に任せて、まず行動せよ。

何かをスタートするときにも、相談する相手を間違えると失敗します。
自分の未来を託す相談相手はしっかりと選ぶべきです。
自分の夢にブレーキを踏む人に相談するのは、ただのお喋りでしかありません。
グラシアンの言うように、無意味なお喋りに時間を使うより
すぐに、行動した方がよいに決まっています。
相談するのなら、その道の成功者に話を聞くべきです。
自分の背中を押してくれるような、ポジティブな人に相談しましょう。

やるかやらないを悩んだり、失敗した時の言い訳に時間を使うより
実際に、行動して、失敗した方がはるかに価値があります。
失敗は成功の途中経過と捉えることで、自分をより良くできるのです。
やりたいことをやり始めると、周りにも応援者が集まってきます。
この化学反応によって、チャンスが次々と引き寄せられてくるのです。
悩むよりパッションを持って行動すれば、ワクワクが周りに伝染します。

やるか?やらないか?と迷ったら、やる方にチャンスの女神が立っていると考えるのです。
まずは、行動を起こすことを習慣にしてみましょう!
この習慣が、あなたに幸運を運んできてくれるはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
    

     

photo credit: decisions ( #cc ) via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント