自分で書いていることでも、時間がたってから読み返すと新たな発見があるものです。例えば、書いた翌日はまだ記憶が新鮮なためピンと来ないことでも、大半を忘れている一週問後に読み返してみると「あれ、こんなこと書いたっけ?」という発見に出会えます。まずはこの発見を体験してみて下さい。(大橋悦男)

スクリーンショット 2016-06-03 15.28.45
「手帳ブログ」のススメ
(大橋悦男著)
は、ブロガーの必読書だと思います。
ブログを始めたい方、ブログで悩んでいる方には、特にオススメです。
本書にはブロガーのためのヒントが数多く書かれています。
特に、大橋氏の「自分のブログを読み返せ」と言うメッセージが、今の私には響きました。

ブログを読み返すことで、過去の自分との対話ができます。
私も自分の過去記事を積極的に読むようにしています。
過去記事のリンクを張りながら、ついつい以前書いたブログを読み返すことも多いです。
このブログを5年間書き続けたおかげで
いろいろな記事が貯まってきたので
過去の自分から、良い意味での刺激をたくさん受け取っています。

ブログ記事にインスパイアされて、本を再読することも多く
ここから新たな気づきももらえます。
今の自分にフィットした著者の名言や体験を見つけられると
とても得した気分になれます。
そこから、また新たな記事が書けたりします。

また、過去記事から実現できていない夢や
途中で止まっているプロジェクトを見つけるとやる気をチャージできます。
今の自分なら「できる!」と思うことで、気持ちをよりポジティブにできます!
どうしたらそれが実現できるかを考えることで、妄想が広がり
そこから、新たなアイデアが生まれてきたりもします。

・プログは書いて終わりにせずに読み返すことで、明日への意欲が湧いてくる
・プログを読み返すことで、現状と目的のギャブを知ることができる
・プログは言葉でつづられているがゆえに、未来の行動に大きな影響力を持つ
折に触れてプログを読み返すことにより、自分の現在地点から目的地までの距離が把握でき、次の一歩を、自信を持って迷うことなく踏み出せようになるでしょう。

過去の自分との対話を定期的に行うことで、未来への意欲が高まります。
実現できていないタスクをチェックしながら
新たな方法を模索することで、未来の可能性を広げられます。
過去のブログ記事が、行動を継続するための勇気を与えてくれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ブロガー向けの関連記事
はこちから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
     

photo credit: Piccoli trucchi per diventare un travel blogger via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る