感謝日記を書いて、人生を変えてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「大切な人」というと、ほとんどの人は配偶者や恋人を思い浮かべる。しかし、あなたの人生で重要な役割を演じているその他のすべての人も「大切な人」ではないだろうか。(ドン・エシッグ)

スクリーンショット 2015-11-17 8.06.52
「大切な人」がたくさんいる人が、良い人生を送れる人かもしれません。
ドン・エシッグの冒頭の言葉を読んで、考え方が変わりました。
「大切な人」の定義を変えることで、家族以外の人との関係もワクワクなモノに変えられます。
自分にとって重要な役割を演じている人すべてを「大切な人」だと思うことで
いつでも感謝の気持ちを持てるようになりそうです。

たとえば、親戚、親友、学校の先生、職場の同僚などだ。これらの人たちが私たちの行動の手本となったり、私たちが価値ある存在だということを保証してくれていたりする。自分の人生における大切な人たちに電話で話をしたり、手紙を書いたりしてみよう。あなたが自分の世界を築き上げるのに力を貸してくれたことに対して、その人たちに感謝の気持ちを伝えるのだ。彼らがあなたにとって特別な存在であることを知らせよう。彼らにとって今日は素晴らしい一日になるはずだ。また、そうすることで、あなた自身もどんなにいい気分になるか、考えてみよう。

こういう風に感謝の気持ちを伝えるのは、なかなか私たち日本人には難しいかもしれません。
しかし、感謝の気持ちを書くことは、とても大事なことです。
多くの書籍やブログで感謝日記が効果があると書かれています。
私もオプラ・ウインフリーロンダ・バーンの影響で
一年前から、感謝日記を書くようになりました。

感謝日記をつけ始めると現実を当たり前だと思わなくなります。
自分の人生を価値のあることだと思えるようになり、満足感も得られます。
日々感謝していると今の生活への充足感が高まり、行動するのが怖くなくなります。
感謝日記をつけると家族や出会った人とのつながりをより強く感じることで
幸せな時間を過ごせるようになるのです。

また、感謝によって、感情をうまくコントロールできるようにもなります。
感謝している間は心が平穏になり、嫉妬や不安などネガティブな感情を消せるのです。
感謝の気持ちを持つことで、他者との比較も意味がなくなります。
自分の現状に満足できるようになると、心の落ち着きを重視するようになります。
他者のおかげで生きられていると考えることで、不平不満を減らせるようにもなるのです。
日々仲間からいろいろなモノを受け取っていると思うことで
他者への貢献を意識できるようにもなります。
この利他の気持ちを持つことがが、幸せを引き寄せてくれるのかもしれません。
感謝できることを日々探して、10個の感謝を日記に書いてみましょう。
自分がいかに恵まれているかが、これでわかるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
   

photo credit: 21/365. Thanks for the Memories. via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る