• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眠れない人には、夜の時間がたつのが長く感じられます。真理を知ろうとしない愚者には、人生の時間がたつのが遅く感じられます。(ブッダ)

スクリーンショット 2015-07-04 17.08.27
最近は、ブッダの言葉から多くの学びをもらっています。
「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉(植西聰著)を読みむことで
ブッダの素晴らしい言葉が、より身近に感じられるようになりました。

「時間の流れる速さ」には、人によって、違いがあります。あなたは、日々どう感じていますか?「楽しい」「おもしろい」と感じているときは、時間がたつのがとても速く感じられます。それに比べ、「つまらない」「退屈」「面倒くさい」と感じていると、時間がたつのがとても遅く感じられ、時計ばかり気になるものです。「人生」も同じです。いまこの一瞬を楽しんで、一生懸命生きる人は、一日があっという間にすぎ、毎晩、明日がくるのを楽しみに眠りにつくことができます。これに対し、自分の人生に退屈している人は、家でも職場でも、時間がたつのが遅く感じられて仕方ありません。たった一度の人生をめいっぱい楽しみたいのなら、そして人生の真理を知ろうと思うのなら、自分で「感動」を味わう工夫をしてみましょう。(植西聰

積極的に行動するようになったこの数年で
私の中で、時間が流れる速さが、信じられないスピードになり
最近では、あっという間に一週間が終わってしまう感じです。
つならない、退屈だと感じる時間がほとんどなくなってしまったのです。

時間の使い方も、以前とは変わり
隙間時間があれば、私はどこでも読書を心がけるようになりました。
本を読むことで、最新の知識を学んだり
著者のワクワクな体験をエンジョイすることができます。
多読をすることで、脳が毎日新たな発見をすることで
退屈だと思わなくなったのかもしれません。

著者の植西聰氏は、毎日一回新しいことにチャレンジすることで
感動を味わえるようになると書いています。

もっとも簡単に「感動」を味わう方法は、今までやったことがないことに挑戦することです。初めて経験することには何でも、発見と感動が満ちています。失敗することもあるでしょうが、それもかけがえのない経験です。未知の経験一つひとつが積み重なって、深みと広がりのある充実した人生が織りあがるのです。

感動を味わうためには、新しいことをすれば良いというのは
私には大きなヒントになっています。
本で読んで学んだことを、毎日行動に移せば
いろいろなチャレンジができるようになります。

最近はダイエットに興味があったので、多くのダイエット本を読んで
良いと思ったことを取り入れ、どんどんチャレンジしてみました。
ファスティンググルテンフリーにチャレンジすることで
私は脳と体から毒素を排出することで、体と心をスッキリさせられたのです。
また、筋トレウォーキングによって、筋力をつけながらダイエットをすることで
ヘルシーに痩せることができました。(一ヶ月半で6Kg減量できました。)

本を活用して、新たなチャレンジをすることで
人は絶えず生まれ変われるのです。
特に、ダイエットを成功させたことで、体が軽くなり
今まで以上にポジティブに動けるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: IMG_5161.jpg via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る